神戸北野の美肌専科

神戸っ子エステティシャンが美容、健康について発信。

ニキビにおすすめ食材☆

Beauty 6

ニキビを抑制する栄養素

ビタミンA

レバーや緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンAは、ニキビの抑制や美肌効果があるため積極的に摂りたい栄養素の一つです。

〈主な食べ物〉
・レバー、 ウナギ、 緑黄色野菜、卵黄、バターなど

〈肌に対する効果〉
・ニキビの原因になるアクネ菌の繁殖を抑制
・お肌のハリやキメを整える
・毛穴のつまりを解消する

 

ビタミンC

野菜に多く含まれるビタミンCは美肌に効果があるだけでなく、その抗酸化作用から大人ニキビの抑制にも大きな効果があります。

〈多く含まれる食品〉
キウイフルーツやイチゴなどの果物
・パプリカやパセリ、芽キャベツブロッコリーなどの緑黄色野菜

〈肌に対する効果〉
・お肌のシワ・たるみを抑制
・炎症を抑えてニキビを緩和
・お肌のストレス抑制

 

タバコを吸う人はビタミンCの消費をしやすいので特に積極的に摂るようにしましょう。

またビタミンCは熱に弱いので野菜などはサラダなどで食べるのがおすすめです。

 

ビタミンE

ビタミンEは、大人ニキビの原因である活性酸素から体を守るはたらきを持っています。

〈多く含まれる食品〉
・アーモンドやくるみなどのナッツ類
・いくらやウナギ、イワシなどの魚介類
・アボガド

〈肌への効果〉
・ニキビを抑制する
・血行を促進して新陳代謝を活発にする
・ホルモンバランスを調整

 

ナッツ類は食べすぎると脂質過多になりニキビができやすくなるのでひとつまみ程度にしましょう。

 

亜鉛

牡蠣やレバー・たまごなどに多く含まれる「亜鉛」は新陳代謝に欠かせないミネラルで、大人ニキビの抑制にも大きな効果を持っています。

〈主な食べ物〉
・牡蠣やレバー、牛肉、たまご、チーズなど

〈肌に対する効果〉
・お肌や髪の毛、爪などの健康を維持する
→不足すると皮膚炎や湿疹などを引き起こしやすい

 

ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂ると吸収力アップ!カルシウムと摂ると吸収しにくくなるので要注意。

 

お肌の再生力を高める栄養素

ビタミンB群

ビタミンB群はあらゆる食材に含まれており、あまり摂取量が不足することはないと言われています。

ビタミンB群の中でも、お肌については特にビタミンB2とB6がかかわっているため、意識的に摂るようにしましょう!

〈含まれる主な食品〉
・乳製品、レバー、たまご、さつまいも、うなぎなど

〈肌への効果〉
・皮脂の過剰分泌を抑制
・肌や髪、爪を生成する
・お肌のターンオーバーを調整する

〈こんな人におすすめ〉
・お酒を大量に飲む人
・妊娠、授乳中の人
・炭水化物や甘いものを食べすぎてしまう人

 

コラーゲン

「コラーゲン」はお肌の生成に直接かかわりのある成分です。新しいお肌の形成に役立ったり、ハリを与えるのにも役立ちます。

〈含まれる主な食品〉
・手羽先、豚足、鳥皮、うなぎなど

〈肌への効果〉
・新しい肌を生成
・ニキビ跡の回復効果
・肌にハリを与える


コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取すると吸収率がアップ!

 

食物繊維

野菜に含まれる「食物繊維」は、便秘や肥満の予防、脂質代謝を調整します。便秘になると大人ニキビが出来やすくなるので、野菜を食べて食物繊維も摂るようにしましょう!

〈含まれる主な食品〉
・さつまいも、納豆、りんご、バナナなど

〈肌への効果〉
・便秘解消
・肥満予防
・脂質代謝を促進

 

できれば新鮮な食材から栄養を摂るのが一番いいですが、毎日栄養素を気にしながら考えるのも限界があると思います。

色々な食材を摂るのは難しい人はサプリメントを選ぶ時にも普段の食事で足りていない栄養素を選ぶといいですね♪