神戸北野の美肌専科

神戸っ子エステティシャンが美容、健康について発信。

タイプ別☆きれいに治すニキビ痕のお手入れ

beautiful faces

ニキビ痕には大きく分けると3つのタイプがあります。

痕が残るかどうかは、その人のもともとの肌質や体質によって決まっています。ニキビは段階が進めば進む程、痕が残りやすくなります。

その段階がどのレベルまで進むかは個人差があるのです。ポツッとした白ニキビでとどまる人もあれば膿をもち炎症を起こしてしまう赤ニキビやまで進行してしまう人もいます。

どこまで進んでしまうかは肌の免疫力などによっても変わってきます。よく生理前にできやすい人もいますが、体全体的に免疫力も落ちているの風邪をひきやすかったりニキビも進行しやすくなります。

また回復力にも人により差があります。回復力がある人はあまり痕に残らずきれいに治りますが、回復力が弱っているとしみやデコボコが残る人もいます。

男性のように肌のかたい人の方が痕が残りやすいようです。

赤みが残るタイプ

このタイプはニキビが炎症を起こして赤みが出たあとに、ニキビの芯は出ていて治っていてもいつまでも赤みが残ってしまう状態。場合によっては10年くらい残る人もいるようです。早く消すためには、ビタミンC誘導体の化粧水や美容液、イオン導入が効果的です。

美白のケアを徹底して行いましょう。

しみが残るタイプ

このタイプは炎症性色素沈着によるものです。何年かかけて消える場合もあれば、そのまま残ってしまうこともあります。色素沈着しているところにさらに日焼けをしてしまうと消えにくくなるので、紫外線対策は必ずしましょう。

こちらも美白ケアの徹底もおすすめですが、肌のターンオーバーを促進するピーリングのお手入れをするととても早く改善します。専門医やエステなどでしているピーリングケアをすると自分でするよりも早く効果を実感できます。

陥没(クレーター)が残るタイプ

こちらのタイプはニキビの炎症が広い範囲に起こり皮膚の奥までダメージを受けている状態です。自宅のケアだけでは改善は困難です。

美容皮膚科などに相談しましょう。

ピーリング、レチノイン酸の塗り薬、各種レーザーを使った治療が効果をあげています。予算はだいたい10万円くらいが目安です。

 

つぶすと痕に残りやすいと言われますが、初期の段階で芯をきっちり出してあげれば治りも早くなります。

ただし赤くなっていて、広い範囲で炎症が起こっているタイプは全部の膿がだしきれず残ってしまいやすく、そうなると自然に治るよりももっと治るのに時間がかかったり痕に残りやすくなるので無理につぶすのはやめましょう。

皮膚科でもつぶしてくれるので、自分でタイミングやニキビの種類の判別が難しいときは利用するのもおすすめです。

 

 

 

素肌美人になるためのスキンケア基本事典

素肌美人になるためのスキンケア基本事典

 
素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)

素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)

 

 

 

↓お問い合わせ、ブログ更新お知らせはこちら

友だち追加

↓インスタグラム

Instagram

 

エステティックサロン プールブー】

完全予約制 女性専用サロン

TEL:078-221-67

営業時間:10:00〜21:00 不定休

各線三宮駅より北へ徒歩10分

♢アクセス

♢フェイシャルメニュー

♢ボディメニュー

♢ブライダル

♢予約