神戸北野の美肌専科

神戸っ子エステティシャンが美容、健康について発信。

背中や胸にできるニキビ

汗をかく時期、ニキビは顔だけではなく背中や胸にできることで悩む人も多いものです。特に首の下のあたりの部分や胸の間など、あまり脂肪が厚くない部分にできやすくなります。

顔もそうですが、Tゾーンや鼻など皮脂が出やすい部分は脂肪があまりない所、骨張っているかたい所が発達しやすくなっています。命を守る為の人間の体の作りです。外から衝撃を受けたとき脂肪が厚い部分は脂肪で守られていますが、かたい部分は衝撃を和らげるクッションがありません。そのため脂肪が薄い部分は皮脂を出すことで滑りやすくし衝撃をやわらげられるようにしています。

Untitled

洗う時の注意点

ゴシゴシしない!

ブツブツニキビが気になるからとゴシゴシ洗ってしまうのはストップ!!汚れがつまっているからとゴシゴシしたい気持ちはわかるのですが、かえって悪化させてしまいます。

普段から毛穴詰まりを起こさないようにスクラブケアをするのはおすすめですが、ニキビが悪化している時は炎症を起こしている状態なので、スクラブケアなどはお休みにして優しく洗うように心がけましょう。あまり強く毎日こすっていると色素沈着のもとにもなります。

ナイロンやボディブラシは避けて、柔らかい綿のタオルかふわふわのきめ細かい泡を作って優しくなじませましょう。

石けんを使い、ボディクリームはひかえる

またボディソープよりも石けん方がおすすめです。ボディソープは保湿タイプのものだと洗い上がりがヌルヌルした感触のものも多く、すすぎ残しに気づきにくくなります。

ニキビのできやすい部分はボディクリームは控えましょう。余分な油分があると毛穴をふさぎやすくしてしまいニキビができる原因になってしまいます。

体は最後に洗う

これもすすぎ残しを防ぐ為です。今の市販のシャンプーやコンディショナーなどは髪をさらさらにしたり、ツヤを出すためにコーティング剤がしっかり使われているものも多いです。体を洗った後にシャンプーやコンディショナーをすると体の表面もコーティングされたようになりトラブルの原因になります。髪は洗った後に体を洗うことで、体の汚れと、コーティング剤もすっきり洗い流しましょう。

身につけるものにも注意

衣類の刺激でもニキビはできやすくなります。衣服を洗う時に過剰に洗剤や柔軟剤を入れていると衣服に残って、汗をかいた時に刺激になってしまうこともあります。

寝ている間も汗をかくので、特に汗ばむ時期は朝晩とサッとシャワーを浴びて清潔に保つようにしましょう。日中汗をかいた時もこまめに拭き取るようにします。あせもにも悩む人はベビーパウダーをふることもおすすめです。

衣類は、木綿で吸湿性に優れたものがよく、肌触りがいいものを選びましょう。

チクチクするようなニットなどは摩擦の刺激でニキビができやすくなるので控えるか、下着を木綿のものを身につけて直接肌に触れないように注意しましょう。

 

 

 合わせて読みたい

 

 

 

 

 

↓お問い合わせ、ブログ更新お知らせはこちら

友だち追加

↓インスタグラム

Instagram

 

エステティックサロン プールブー】

完全予約制 女性専用サロン

TEL:078-221-67

営業時間:10:00〜21:00 不定休

各線三宮駅より北へ徒歩10分

♢アクセス

♢フェイシャルメニュー

♢ボディメニュー

♢ブライダル

♢予約