神戸北野の美肌専科

神戸っ子エステティシャンが美容、健康について発信。

簡単☆免疫力を上げる9つの習慣

今の時期本当にインフルエンザもですが風邪も流行っていますね。私の周りでも風邪でダウンしている人が多く心配です。

三寒四温、急に温かくなったり、ぐっと寒くなったり気温差が激しいので体もびっくり調子がついていけません。

免疫力をあげる9つの習慣をピックアップしました。

http://www.flickr.com/photos/26785631@N00/14254030408

photo by zenjazzygeek

①タバコ、アルコールをひかえる

タバコの喫煙をすることで肺の免疫系で中心的な役割を担っている肺胞マクロファージの免疫力が低下します。

毎日お酒を飲む人の方が発がん率が高いこと、呼吸器系感染率が高いことが最近分かって来ました。また、アルコール性肝障害では、C型肝炎ウイルスの感染がよく見られることなどから、アルコールが免疫力を弱める事例と考えられています。

スケジュールがハードな時や、疲れやすくなっている時は控えるようにしましょう。

②質の良い睡眠

睡眠の乱れによって、免疫力は低下します。熟睡できなかったとしても、体を横にして休めているだけで、免疫力は高まると言われています。
20分ぐらいの昼寝でも、免疫力を高めます。これは体内のメラトニンというホルモンが増え、活性酸素(老化を進行させるもの)を減少させるからです。

③適度な運動をする

免疫力を高めるには、適度な運動がとても効果的です。なぜなら、体内にウイルスが侵入してきたときに戦う免疫細胞(特にNK細胞)が、運動することによってより活発に働くようになるからです。
運動をしている人の方がしていない人より、NK細胞の働きが活発です。
ウォーキングやジョギングなど軽めの有酸素運動の継続が免疫力を高めます。

④笑う

笑うと身体の免疫力がアップします。笑うとNK細胞の活性化につながるからです。
笑うことで乱れがちな自律神経のバランスが整ることができます。笑いによる脳への刺激が、神経ペプチドという免疫機能活性化ホルモンの分泌を促します。このホルモンの影響でNK細胞はたちまち活性化され、さらに強力な戦士としてガン細胞やウイルスなどを攻撃します。
面白くなくても『わっはっは』と大きな声で笑うふりをするだけでもNK細胞の働きが活発になるということで、各地域でそういった教室もあるようです。

⑤ストレスをためない

「ストレスを感じた時は、NK細胞の活性は低下する。ガンの芽が出やすい。」と大学の教授も発言しています。

ストレスによって脳の副交感神経が刺激されます。免疫細胞であるリンパ球を攻撃するコルチノイドが分泌されることで免疫力が低下していまいます。

副交感神経を優位にすることでストレス解消につながります。休みの日は自分の好きな事をしたり、好きな人と過ごしてストレスを発散しましょう。

⑥爪をもむ

手の指の爪の生えぎわの角をもみましょう。人差し指と親指で生えぎわの角を10秒から20秒、少々痛いくらいにつまみます。そうする事でリンパ球をふやして副交感神経が優位になり、血行が促進され免疫力が高まるといわれています。

薬指以外の両手の親指、人さし指、中指、小指の 4本の指をもみます。薬指は交感神経を刺激してしまうのでリラックスしたい時にはもまないようにしましょう。

⑦体温を上げる

こういった内容の本も最近はたくさん出ていますね。

平均体温が1℃下がると免疫力は約37%下がり、平均体温が1℃上がると免疫力は約60%活性化するといわれています。体温の低下は免疫力の低下にもつながります。風邪をひいたとき熱が出るのも、体温を上げて免疫力を上げようとする防衛反応といわれています。また、体温が低いと体内の細菌に対する抵抗力が低下し、腸内では悪玉菌や有害菌が増殖して様々な病気や感染病の原因にもなってしまいます。

↓腸内環境を整えると免疫力アップ! 

家庭の医学でも放送されていましたが、湯船につかる時は41度のお湯に15分つかることで免疫力があがります。体内の温度は外が暑くても寒くても一定の温度に保たれています。体内(内蔵)の温度が1度上がるだけでもストレスになるようで、そのストレスから体を守るために免疫細胞が活性されるのです。体内の温度が1度上昇するとNK細胞も通常より1.3倍も活性されることがわかっています。

体内の温度が上がったかどうかの目安は額に汗がにじむことで確認できます。

⑧アロマを利用する

風邪予防や、ウィルスに強いアロマオイルもあります。アロマオイルは風邪の引き始め煮や予防にはとても効果的です。

ウィルス撃退に効果の高い精油はティートゥリーやユーカリラジアタ、ユーカリグロブルスなどです。ツーンとした香りの物で鼻の通りも良くなります。

風邪やインフルエンザによる学級閉鎖が流行っていた時、ある小学校の教室でティートゥリーの精油を使っていたら、そのクラスだけインフルエンザや風邪による学級閉鎖が起こらなかったそうです。

⑨バランスの良い食事

インスタント食品やファーストフードに含まれる添加物も、肝臓や腎臓、血液に負担をかけ、免疫力を低下させてしまいます。

タンパク質は免疫細胞を含めた体の細胞を作るために、必要不可欠な栄養素です。

しかし、動物性タンパク質を摂りすぎると消化に時間がかかるため、腸内で腐敗・発酵し、たくさんの毒素を生んでしまいます。
この毒素を退治するために、免疫系が大きな負担を強いられてしまいます。

風邪に良い食べ物
  • ダイコン
  • くず
  • にら
  • しそ
  • コショウ
  • 黒糖
  • しょうが
  • にんにく
  • ねぎ
  • とうがらし
インフルエンザ予防の食べ物
  • びわ
  • アスパラガス
  • リョクトウ
  • 紅茶

 

 

↓お問い合わせ、ブログ更新お知らせはこちら

友だち追加

↓インスタグラム

Instagram

 

エステティックサロン プールブー】

完全予約制 女性専用サロン

TEL:078-221-67

営業時間:10:00〜21:00 不定休

各線三宮駅より北へ徒歩10分

♢アクセス

♢フェイシャルメニュー

♢ボディメニュー

♢ブライダル

♢予約