神戸北野の美肌専科

神戸っ子エステティシャンが美容、健康について発信。

花粉シーズン到来!肌あれを防ぐスキンケア

とうとう本格的に花粉の時期になってきました。

目の充血やかゆみ、肌あれなど毎年悩まされる人も多いのではないでしょうか。でも肌あれを一度起こしてしまうとなかなか治りにくくなるもの。

なるべくひどくならないように対策をしていきましょう♪

http://www.flickr.com/photos/14707646@N05/2465861716

photo by paultom2104

花粉の飛散時期

http://www.tenki.jp/images/contents/pollen/chart_large_1_20160114.jpg

花粉情報 - 日本気象協会 tenki.jp

2016年は暖かい日も多かったため、去年よりも少し早く花粉が舞い始めそうです。

日本気象協会によると「全国的に今年の飛散量は例年並みか少なめ」と予測されています。北海道、九州、四国、近畿地方は例年の半分以下の飛散量と予測されています。

少しホッとしましたが、油断はできません。

春は紫外線が強くなってくるためお肌へのダメージも大きくなってきます。また風も強く乾燥もしやすいので肌のバリア機能も弱くなりいつもより敏感になりやすいです。

花粉のアレルギーは色々種類があるのでどの時期につらくなりやすいかでも人によって違います。

ハンノキ
カモガヤ
スギ
ブタクサ
ヒノキ
オオブタクサ
シラカバ
ヨモギ
ホソムギ
カナムグラ
オオアワガエリ
セイタカアワダチソウ

花粉は一年中飛散している?|ベンザ鼻炎

花粉症になりやすい人

  • ストレスを感じやすい人
  • 冷え性の人
  • 便秘になりやすい人
  • 肉料理中心で野菜が少ない人
  • インスタント食品や加工食品が多い人

花粉症はアレルギー体質の人もなりやすいようです。
ホルモンバランスが崩れている人、睡眠不足や疲れなどで免疫力が衰えている時に症状が出やすくなります。

普段の食生活なども身体作り、肌作りに影響されます。酵素たっぷりの野菜を摂ることも肌あれを起こしにくくしてくれます。

大事なバリア機能

アルケア株式会社>アルケアニュース

肌のバリア機能が低下してしまうのは、お肌の乾燥が大きな原因になります。乾燥が進むと肌の表面の角質がどんどんめくれ上がっていくのです。

肌の一番上の角質層は、健康な時は屋根の瓦のようにピタッと隙間なく密着していて水分が逃げないように、また外からの刺激から守ってくれます。乾燥によって柔らかい食パンが乾燥してカラカラになると反るようになり隙間があちらこちらに出来てしまうことで刺激がダイレクトに入りやすくなります。

肌あれ、アトピー、アレルギーで悩む人はこの負のサイクルにハマってしまう状態です。

肌にやさしいスキンケア

肌にはもともと外からの刺激から守るためにバリア機能を備え持っています。このバリア機能は普通のお手入れをしていれば何の問題もなく、他からの刺激をまともに受けることもありません。しかし、春先は花粉、黄砂、紫外線、乾燥といつも以上に外的刺激が多くなっています。

スキンケアのポイント

帰ってきたらすぐにメイクを落としましょう。長時間お肌の上に花粉があるとかゆみの原因になります。

肌に負担の少ないクレンジングでメークを落としましょう。肌が敏感な時は、拭き取りタイプや、オイルは避け、クリームタイプかミルクタイプにします。またクレンジングはたっぷり目に取り、摩擦を防ぎましょう。

すごく敏感になっている時は、クレンジングをする前にフェイスブラシでやさしく肌をはらい花粉やゴミを取り除きましょう。そのままクレンジングを始めると花粉を肌にこすりつけてしまう、肌に悪いスクラブのような状態になってしまいます。

ブラシが汚れるのが気になる人は、肌表面にミスト状の化粧水をたっぷりかけて、上からティッシュで軽くおさえます。肌表面についていた花粉が水分で浮き上がり、それをティッシュに吸わせてしまいましょう。

スクラブやピーリングのお手入れは肌が敏感なときはさけます。洗顔料は泡をたっぷり泡立ててふわっと顔を包み込むようにやさしく洗います。

洗い流す時は、熱めのお湯は必要な皮脂まで奪います。体温くらいのぬるま湯(触っても温かいとも、冷たいとも感じない温度)を使いましょう。

洗顔後、一番大切なのは保湿です。刺激の少ない化粧水でしっかり保湿をしましょう。アルコールが入っている物はしみる場合もあるので、アルコールフリーのものがおすすめです。

乾燥する事でバリア機能が弱くなるので、保湿は重要です。クリームや乳液はしっかりつけましょう。

美容液はトラブルがなければ悩みに合わせて使って欲しいのですが、肌あれを起こしている時は、化粧水、クリームか乳液のシンプルなケアにしましょう。胃もたれしている時に、スタミナたっぷりのステーキは食べたくなりませんよね。お肌も高濃度の美容液は調子がいい時は肌も吸収しやすく効果がでやすいですが、バリア機能が弱っている時は、高濃度の成分が刺激になってしまいます。

 

外出時

症状を出さないためには花粉を寄せつけないことが重要です。

髪はおろすよりもコンパクトにまとめ、花粉が髪に付きにくいようにします。外出時には花粉を吸い込まないようにマスクを着用し、メガネや帽子でガードするのも効果的です。メイク直しの時もフェイスブラシで軽くはらってからすると刺激を少しでも減らせます。

ただしマスクを装着つけているとマスク内の湿度が上がりムレやすくなります。また、話した時に口を動かす事で摩擦が原因で荒れやすくなります。長時間のマスクを使用する時は、途中で新しい物に付け替えたり、肌がムレていないか確認し注意しましょう。

洋服の素材も、毛羽だったものは避け、花粉がつきにくいスベスベした素材のものを選ぶようにしましょう。

メイクのポイント

ツヤ肌メイクのためにあえて、クリームファンデーションやリキッドファンデーションを塗った後、ブラシで軽くパウダーをつけるだけで仕上げる人もいますが、肌に花粉が付きにくくすることも大切です。日焼け止めのみという人も肌表面がペトペトしていると花粉が付きやすくなります。

仕上げは粒子の細かいフェイスパウダーをしっかりのせましょう。肌を触った時にサラッとした感触になるのが目安です。

唇のケアはサラッとさせる事は難しいので、リップベースやワセリンなどで唇をガードしましょう。荒れやすい人は口紅やグロスなど科学物質や着色料が含まれている物はさけましょう。

 

 

 

↓お問い合わせ、ブログ更新お知らせはこちら

友だち追加

↓インスタグラム

Instagram

 

エステティックサロン プールブー】

完全予約制 女性専用サロン

TEL:078-221-67

営業時間:10:00〜21:00 不定休

各線三宮駅より北へ徒歩10分

♢アクセス

♢フェイシャルメニュー

♢ボディメニュー

♢ブライダル

♢予約