神戸北野の美肌専科

神戸っ子エステティシャンが美容、健康について発信。

他人事ではない!?カフェイン中毒

神戸北野の美肌専科、エステティシャンの河咲杏奈です。

去年の暮れに20代男性がカフェイン中毒で死亡してしまったというショッキングなニュースがありました。男性はエナジードリンクを眠気覚ましに毎日飲んでいたようで、それだけでなくカフェインの錠剤も常用していたということでした。普段からカフェインが含まれているコーヒーや紅茶を愛飲している人は多いと思います。

男性は明らかに過剰摂取になっていたようですが、一日にどのくらいならカフェインを摂っても大丈夫なのでしょうか。

http://www.flickr.com/photos/95842518@N00/69995376

photo by frigginawesomeimontv

エナジードリンクとは

エナジードリンクは、分類としては「清涼飲料水」にあたります。薬事法があるので医薬部外品に使える「効果、効能」を謳うことはできません。そのため、とあるメーカーのエナジードリンクはみなさんもご存知「翼をさずける」などの抽象的な表現で広告を出しています。またタウリンなどの有効成分も使えません。しかしカフェインは200mgまでは配合できます。

栄養ドリンクは「医薬部外品」にあたります。そのため、効能として「滋養強壮」や「栄養補給」という表示をすることができます。だいたいの栄養ドリンクにはタウリンもよく使われるようです。薬事法の規定によりカフェインは50mgまでとされています。

エナジードリンクは栄養ドリンク程、薬的な役割のイメージはなく寝不足や疲れている時に気軽に飲めるイメージです。普段から飲んでいるコーヒーや紅茶にも含まれていて、カフェインが危険!というイメージはあまりありませんでした。

エナジードリンク入りカクテル

http://www.flickr.com/photos/22598380@N07/5873730552

私も「普通のカクテルより元気になりそうだし体にもよさそう☆」というイメージで飲んだ事があります。エナジードリンク入りのカクテルはアメリカでは現在禁止されているようです。急性アルコール中毒で倒れる人が続出してしまった結果です。日本では特に禁止はされていませんが、カフェインの覚醒効果で酔いにくくアルコールを摂りすぎてしまいやすいので注意が必要です。

アルコールもカフェインも肝臓で解毒するので、大変な負担になり同時に摂りすぎるとオーバーワークで解毒が間に合わなくなる事が原因です。

カフェインの含有量

  • エナジードリンク1本 80~140mg
  • コーヒー1杯     135mg
  • 紅茶1杯       43mg
  • 緑茶1杯       30mg

普段身近に感じるコーヒーのカフェイン量がエナジードリンクと変わらないくらいあるのも数字で表すと驚きです。

http://www.flickr.com/photos/92661859@N00/399136360

急性カフェイン中毒

1時間以内に455mgのカフェインを取ると急性カフェイン中毒になりやすいようです。メーカーによりカフェインの含有量が違いますが約3〜6本飲むと約半数の人が急性カフェイン中毒になるようです。

慢性カフェイン中毒

慢性カフェイン中毒は一日に250mg以上で症状がでます。3杯のコーヒーを一日飲むとそのぐらいになります。コーヒー好きの人は飲み過ぎないように意識した方が良さそうですね。

一日に摂取できる量

日本には特に国の定める摂取上限はありません。カナダの保険局の基準は以下の通りです。

  • 成人男女  400mg(約コーヒー3杯・緑茶13杯分)
  • 妊婦    300mg イギリスでは200mg(約コーヒー2杯・緑茶10杯分)
  • 4~6歳児  45mg(約コーラ1缶・板チョコ1枚半分)

乳幼児は体が小さい分少量で影響もでます。コーヒーだけでなく、コーラやチョコ、ココアにも含まれるので注意してあげましょう。

カフェイン中毒の症状

カフェインは適度に補えば気分をシャキッとさせますが、摂りすぎると、めまい、ふるえ、下痢、吐き気、不眠症が出て、心拍数が増加するといわれます。

カフェインの致死量は5〜10gといわれています。そこまで過剰に摂ることは普段はないと思いますが、コーヒーやエナジードリンクと一緒に薬を飲んだりする事はやめた方が良いですね。カフェインと薬の作用の両方が重なって動機が激しくなったり副作用がでる可能性もあります。多分言われるまでもなくお薬は水で飲む人がほとんどだと思います。

妊婦さんは特に注意

http://www.flickr.com/photos/119678691@N02/18622214158

妊婦さんは病院でもお医者さんにカフェインの摂る目安は指示されると思います。

妊娠中はカフェインの分解に時間がかかってしまうようです。そのため分解しきれなかったカフェインが胎盤を通じて赤ちゃんに移行しやすくなってしまいます。

カフェインの摂り過ぎが原因で、流産や早産、低出生体重児発達障害の原因になるとする研究結果もあります。赤ちゃんが元気に成長できるように飲むもの食べるものも体が喜ぶ食事を心がけたいですね♪

 

 

↓お問い合わせ、ブログ更新お知らせはこちら

友だち追加

↓インスタグラム

Instagram

 

エステティックサロン プールブー】

完全予約制 女性専用サロン

TEL:078-221-67

営業時間:10:00〜21:00 不定休

各線三宮駅より北へ徒歩10分

♢アクセス

♢フェイシャルメニュー

♢ボディメニュー

♢ブライダル

♢予約