神戸北野の美肌専科

神戸っ子エステティシャンが美容、健康について発信。

四十肩!?突然肩が上がらなくなる原因は?

神戸北野の美肌専科、エステティシャンの河咲杏奈です。

四十肩や五十肩と間違いやすい、肩周りに石灰がたまり沈着する「石灰沈着性腱板(けんばん)炎」について調べました。

http://www.flickr.com/photos/18304960@N00/4014394679

photo by qousqous

四十肩との違い

四十肩と五十肩はとくに違いはなく、肩関節周囲炎と呼ばれる症状です。症状が起こった年齢によって呼ばれ方が変わるようです。特に50歳代に多くみられ、その病態は多彩です。

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。

四十肩は慢性的に起こるのに対し、石灰沈着性腱板炎は発作的に痛みが出るのが特徴です。

どちらも40〜60代に起こりやすいです。石灰化は女性の方が起こりやすいようです。

石灰化が起こる原因

http://takeda-seikeigeka.com/gif_images/calcification.gif

カルシウム不足で、骨からカルシウムが溶け出す!

私たちが普段、食事などから摂取しているカルシウム。不足すると、自分の骨を溶かして補おうとする働きが起こります。その量は、カルシウムが豊富な骨にとっては「少し」でも、人体全体では「非常に多量」。血液中にカルシウムがあふれることになるのです。

あふれでたカルシウムが骨や血管の細胞に沈着      

血液中のカルシウムは一定値(血液100ml中10mg)に保つ必要があるため、余分なカルシウムは骨や血管、細胞に沈着し、石灰化の原因となります。

骨にトゲができ神経を直撃

●腕のしびれ
●頭重感
●めまい
などの症状があるとき
→カルシウムが骨の表面に沈着してトゲのようになり、神経を圧迫している可能性あり

血管に沈着し、動脈硬化の一因に

●写らないはずの血管がレントゲンに写るとき
→カルシウムが血管に沈着、石灰化が進み骨のようになっている可能性あり
活性酸素によるコレステロールの酸化だけでなく、カルシウムの沈着も動脈硬化に関わる。

軟骨や腱、内臓にも蓄積、石灰化する

●関節炎のような激しい痛み
→肩や膝の軟骨、腱などにカルシウムが蓄積している可能性あり
心臓や腎臓、乳房でも起こりうる。

石灰化を予防する

体の酸性化は、pH調節のため骨からカルシウムが溶け出すため石灰化の原因に。

体の酸性化を防ぐ
  • 夜遅く食べない
  • 酢、野菜、海藻などアルカリ性食品を摂る
  • 体を適度に動かす
  • 便秘にならないようにする
長時間、同じ姿勢をしない

長時間座ったり、同じ姿勢を続けたりすると、腰や首などに負荷がかかり、そこにカルシウムが沈着しやすくなる。 こまめに姿勢をかえる、体操をするなどして、体を柔らかくしておくことが大切です。

不足がちなカルシウムを補う

女性はホルモンの影響で年齢とともにカルシウム不足になりやすく、転んだだけで骨折などになりやすくなってきます。

健康食品で補うときは、ただ量をとるのでなく、なるべく骨に届きやすい良質なものを。(吸収がよいだけの活性化したカルシウムは、必ずしも骨にまで届くとは限らない。)
安心・良質・骨に届きやすい

  • 小魚、海藻
  • 野菜、豆類
  • ボレイ(漢方薬
  • 風化した貝化石

石灰化で悩みやすい部位

50代以降になると、お客様でも指の関節が太くなったり、曲げると痛かったりと悩む方もおられます。

急に手関節や手指の関節が腫れたり痛み出したときには、様子を見るよりすぐに病院へ行って、診察してもらい、痛みどめの注射をしてもらえば良くなるようです。

ですので、急に強い痛みや腫れが出た場合には、整形外科を受診されることをお勧めします。

 

 

肩周りに近い鎖骨部分はリンパのゴミ箱ともいわれており、不要な老廃物を取り除く役割をしています。慢性的な肩こりを放置していると肩、首周りのリンパも滞り、関節の老廃物や余分な石灰分を除去できず、肩の関節に蓄積されます。

老廃物を溜めてしまわないように血行の良くなる運動や、ストレッチ、マッサージを行いましょう。

 

 

↓お問い合わせ、ブログ更新お知らせはこちら

友だち追加

↓インスタグラム

Instagram

 

エステティックサロン プールブー】

完全予約制 女性専用サロン

TEL:078-221-67

営業時間:10:00〜21:00 不定休

各線三宮駅より北へ徒歩10分

♢アクセス

♢フェイシャルメニュー

♢ボディメニュー

♢ブライダル

♢予約