神戸北野の美肌専科

神戸っ子エステティシャンが美容、健康について発信。

おにぎらずで簡単ヘルシーダイエット♪

神戸北野の美肌専科、エステティシャンの河咲杏奈です。

簡単「おにぎらず」で健康的にダイエットできる具材を紹介したいと思います。

http://www.flickr.com/photos/22697782@N04/16610113254

photo by Lau_chan

おにぎらずとは

その名の通り、にぎらないおにぎりのことです。ご飯の間に好きな具材をのせて海苔で包むだけの手間いらずなのも人気の秘密です。普通のおにぎりよりも具材が豊富に選べて、ヘルシーにも作れ、満足感が高いのも特徴です。

話題になりだしたのは最近ですが、実は20年以上まえの漫画「クッキングパパ」でレシピが公開されたようです。

おにぎらずの作り方

サランラップの上に海苔とご飯をのせます。

http://www.flickr.com/photos/22697782@N04/17230837202 

②好きな具材をその上にのせます。

http://www.flickr.com/photos/22697782@N04/17206598956

③具材の上にご飯をのせて海苔で包みます。

http://www.flickr.com/photos/22697782@N04/17025131697

④出来上がり

http://www.flickr.com/photos/22697782@N04/17045010170

とっても簡単にできますね♪

具材も体にいい物を選べばダイエット効果も期待出来ます♡

ヘルシーな具材

ご飯

炭水化物なのでダイエットをしている方は敬遠しがちですが、雑穀米や玄米など食べ応えがあるお米のタイプを選ぶことで無理なく炭水化物を減らすことが出来ます。

 

糸こんにゃくもお腹の中で膨らむ性質があるのでダイエット中の方にお勧めの具材です。水分を吸収しやすいので、お腹に入ってから膨らんで満腹感を与えます。しかも低カロリーなので摂取カロリーを抑えることが出来ます。

糸こんにゃくを細かく切ってお米に混ぜるのも炭水化物を減らし、満腹感は得られるのでおすすめです。

海苔

お米と具材をまとめるには欠かせない海苔には、実はダイエット効果があります。海苔には、腸内環境を整える食物繊維が豊富です。海苔の約3分の1は食物繊維と言われているので便秘に悩む方にはお勧めです。

焼き海苔1枚当たりのカロリーは6キロカロリー程度なので大変ヘルシーな食材と言えるでしょう。

また、海苔の食物繊維は水に溶けやすいので整腸作用もありますし、ビタミンCも豊富なのでメラニンの生成を抑える効果も期待できますし、生活習慣病を予防する成分も含まれています。

海苔の生活習慣病を予防する成分は、ベータカロチン、ビタミン、EPAが含まれています。

おにぎらずを海苔で巻くだけではなく、海苔の佃煮を具材として利用すれば効果は更に高まるでしょう。

貧血を予防するひじき

ヒジキにはヘモグロビンという名の鉄分の材料が入っているので、貧血予防にお勧めです。この他にもひじきに含まれるヨウ素甲状腺のホルモンの材料になりますし、エネルギー代謝が活発になることから髪や爪、肌などの細胞を健康的に維持することが可能です。

また、カルシウムも含まれているので精神を安定させる作用がありますし、筋肉の収縮を円滑にするので血流改善も期待できます。

ひじきの煮物をそのまま具にするとこぼれやすいので、アミノ酸やミネラルを含む卵と混ぜて卵焼きにしてから入れると食べやすくなるでしょう。

カルシウム満点の小松菜

小松菜には、免疫力を高めるカルシウムや鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

生理時に貧血になる方や骨粗しょう症の心配がある方にもお勧めですし、クロロフィルやビタミン類も豊富なので風邪を引きにくくするだけではなく、肌荒れ予防効果もあります。

ホウレン草の場合には、アクがあるので下茹でが必要ですが、小松菜は湯通しや油炒めをすればそのまま食べることが可能です。湯通し後に水気を取っておにぎらずの中に敷く、刻んでお米と混ぜるなどしてみてはいかがでしょうか。

食中毒予防に梅干し

おにぎらずに限らずおにぎりの定番の梅干しには、クエン酸が含まれているので疲労を予防する効果が期待できます。食中毒予防にも効果がありますが、疲れた体にも効果を発揮するのです。

効果を高めるためには、アルミ箔に包んでからオーブンで少し焼くことがお勧めです。

オーブンを使わずフライパンの上で転がしながら焼いてもOKです。ムメフラールという名の成分が出ることから、血行改善に繋がって血流の改善や免疫力アップが期待できます。

おにぎらずの具にする際には、種が包丁で切る時の邪魔になりますので、梅肉だけ使うことがお勧めです。ゴマやかつお節、野菜などと混ぜて具として利用しましょう。

デトックス効果がある昆布

昆布にはストレスによって消費されやすいミネラルが豊富に含まれているので、心身が疲れている時にはお勧めです。アルギン酸という食物繊維も含まれているので、有害な物質を体外へ排出するデトックス効果もあります。

また、昆布には甲状腺ホルモンの原料であるヨウ素も含まれています。新陳代謝の促進をしてくれます。昆布の佃煮をおにぎらずの具材に入れてみてはいかがでしょうか。

アンチエイジングの味方である鮭

おにぎりの具として使われることが多い鮭には、アスタキサンチンという抗酸化成分が入っているのでアンチエイジング効果が高い魚と言えます。

アスタキサンチンビタミンEの1000倍の抗酸化力があるのでメラニン色素の生成を抑制して、美肌へ導く効果もあります。

また、ヒアルロン酸よりも高いうるおい成分であるプロテオグリカンや美容成分として人気が高いマリンプラセンタも含まれているので、鮭の身の部分だけではなく皮ごと食べることをお勧めします。

 

 

色々な具材が選べるので毎日味付けを変えれば、飽きずに続けられますね♪簡単に作れるので時間がないときでもパパッと作れます。寝坊してしまった日のお弁当代わりにも便利ですね。

 

 

↓お問い合わせ、ブログ更新お知らせはこちら

友だち追加

↓インスタグラム

Instagram

 

エステティックサロン プールブー】

完全予約制 女性専用サロン

TEL:078-221-67

営業時間:10:00〜21:00 不定休

各線三宮駅より北へ徒歩10分

♢アクセス

♢フェイシャルメニュー

♢ボディメニュー

♢ブライダル

♢予約