神戸北野の美肌専科

神戸っ子エステティシャンが美容、健康について発信。

足のにおいを防ぐ方法は?

神戸北野の美肌専科、エステティシャンの河咲杏奈です。

寒くなってくるとブーツを履く機会も多くなってきます。スカートをはく時にはブーツを合わせるとかわいいし、防寒にもなるので便利ですよね。

靴下メーカーが約1,500人の女性を対象に『ブーツ着用時の悩み』についてアンケートをしたところ、47%が『足のにおい』と回答したそうです。

http://www.flickr.com/photos/55236839@N00/8010145449

photo by GregPC

男子よりもブーツを履いた女子の方が足がくさい!

革靴と靴下をはいた男子と、ブーツとストッキングをはいた女子の臭い菌の増殖率を比べたところ、午前と午後で男子は増殖率4倍だったのに対し、

女子は23倍だったんだとか。つまり足が臭いと忌み嫌われるそこらのおじさんよりも5倍汚いということになってしまいます。

においの原因は汗

足の裏は汗をかきやすく、一日でコップ1杯分(約200ml)の汗をかきます。

最初は無臭ですが、ブーツの中は通気性が悪く、蒸れる事で細菌が繁殖しやすい環境になり、においのもととなります。

湿度が高いほど雑菌の繁殖率は増します。ブーツを履いて10分経過するとブーツの中は湿度100%に近づくのでにおいが発生しやすい環境になります。

においを防ぐ足のお手入れ

まずはきちんと洗いましょう。毎日入浴していても、以外に足の指の間がよく洗えていない人がいます。ユニットバスなどで立ったままシャワーを浴びていると足を洗う事がおろそかになりがちです。意識をして指の間もしっかり洗いましょう。

爪の中にも垢が溜まりやすくにおいのもととなります。爪は伸ばしすぎないようにこまめに短くして、爪の間はブラシなどを使い丁寧に洗いましょう。

消臭スプレーは一時的には効果を発揮しますが、長続きしません。とくにパウダー入りのものをつけて長時間はくと、よけいににおうことがあります。最初はパウダーが汗を吸収するのですが、汗がたくさん出るとパウダーがダマのようになり、そこが雑菌の巣になってしまいます。

においを防ぐブーツのお手入れ

一日履いたブーツは休ませましょう。毎日履くとブーツににおいがしみついて取れにくくなります。

お菓子に付いている乾燥剤(シリカゲル)をいれて陰干しすると靴の中の湿気を取り除いてくれます。

新聞紙をまるめて入れておくだけでもそのまま置いておくよりは消臭の効果があります。

新しいピカピカの10円玉を 靴の中央あたりに入れると、銅がバクテリアを分解してくれて消臭効果があります。

 

 

5本指ソックスも指の間の蒸れを防いでくれるので靴を脱ぐ場面がない日はいいですね。ナイロンのものより綿で出来ているものを選びましょう。

また、重層は弱アルカリ性で酸性の足や汗のにおい、生ゴミのにおいを中和します。

お風呂で洗面器にお湯とおおさじ1杯の重層を混ぜて10〜15分浸けるのも効果的です。ブーツには使い古しの靴下かストッキングに重層を1/2カップほど入れて口をしばり、靴の中に一晩置くとにおいを吸収してくれます。

 

年末が近づくと忘年会などで居酒屋に行く機会も増えます。きちんとお手入れをして足クサ女子を卒業しましょう。

素肌美人になるためのスキンケア基本事典

素肌美人になるためのスキンケア基本事典

 

 

 

 

↓お問い合わせ、ブログ更新お知らせはこちら

友だち追加

↓インスタグラム

Instagram

 

エステティックサロン プールブー】

完全予約制 女性専用サロン

TEL:078-221-67

営業時間:10:00〜21:00 不定休

各線三宮駅より北へ徒歩10分

♢アクセス

♢フェイシャルメニュー

♢ボディメニュー

♢ブライダル

♢予約